So-net無料ブログ作成
So-net無料ブログ作成

フェアリーテイル ネタバレ 440話 感想 [フェアリーテイル ネタバレ]

次:フェアリーテイル ネタバレ 441話 感想


フェアリーテイル ネタバレ 439話 感想



場面は、ドランバルトことメスト


エルザをギルドマスター以外には


入れない部屋に初代ギルドマスターが


眠る水晶の間に案内する


メストは9年前にマカロフからの


密令について詳しく教える








その密令とは


評議院から”西の大陸”の情報を仕入れること


メストは怪しまれないように


自分の記憶をすべて消し、


それをマカロフに託した


メストがS級試験に参加したのは


記憶のない人格がフェアリーテイルを


探ろうとしたためと説明



冥府の門闘の終結後、


マカロフは一つの結論を導いた


”西の大陸”に出現した


アルバレス帝国の脅威


それを抑えるべくフェアリーテイルを解散


単身で帝国に交渉を持ちかける算段だった








帝国は水晶の力を欲しており、


評議院のエーテリオンやフェイスが


帝国に対する抑止力になっていたが、


もう今はない


帝国の正体は、


730の魔導師ギルドの集合体


マカロフがやられれば、


今度の標的はフェアリーテイル


それを阻止しようとし、


マカロフはフェアリーテイルを


解散させたのだった



次:フェアリーテイル ネタバレ 441話 感想


スポンサーリンク









nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。